トップページ(お金を増やす・運用する・おすすめの方法〜お金のお話)

  1.お金に関する3つの基本(当たり前のこと)
  2.住宅取得に関するお話
  3.投資に関するお話
  4.株式に関するお話
  5.投資信託に関するお話

 ※上記お話、トップページからご覧ください。

 お金を増やす・運用する・おすすめの方法〜お金のお話(トップページ)
                                             >5−6.積立投資信託のおすすめ(ひふみ投信)

5−6.積立投資信託のおすすめ(ひふみ投信)

   5−4項にて説明した、積立投資信託の条件
   @信託報酬が低い
   A購入手数料が無料
   B総資産額が順調に増加
   C総資産額が大きい
   D毎月積立てできるもの
   ということで、Cの総資産については、それほど大きくありませんが、日本株を運用している投資信託の中で
   リーマンショックを乗り越え、プラスを達成している注目の投資信託です。

   2008年に設立以来、総資産が2010年に10億円、2012年に20億円を超えました。
   今後も順調に資産が増加していくと思われます。

   管理人がひふみ投信を選んだ理由として、
   @アクティブファンドであるのに、脅威の手数料
   A日本株特化の投資信託
   が挙げられます。

   『インデックスファンド』は、市場価格に合わせた運用方法を行う投資信託。
   『アクティブファンド』は、積極的に運用し、利益を上げることを目指す投資信託。
   になります。

   よって、『アクティブファンド』は手間が掛かりますので、手数料が高いのが悪い点でした。
   しかし、ひふみ投信は、この常識を打ち破るシステムなのです。

   「資産形成応援団」という名前の長期保有すると信託報酬が値引きされる(還元される)システムです。

   当初、1.029%の信託報酬が、保有5年で0.2%、10年以上で0.4%も下がります。

   アクティブファンドに関わらず、『長期保有の割引』が魅力のひとつです。

   また、『日本株特化』の投資信託であり、為替の影響を受けないことも魅力のひとつです。

     資料請求はこちら ⇒ ひふみ投信(資料は無料です)

   管理人は、積立投資信託に関しては、『海外投資のセゾン投信』と『国内投資のひふみ投信』の
   2本柱で、将来に向けた積立を行っています。

   


  5−5.積立投資信託のおすすめ(セゾン投信)<前へ